カードローンを比較して借りかえる

キャッシング比較の神|比較するには仕組みを知る

MENU
RSS

カードローンを比較して借りかえる

借り換えローンは、借り換える事によって多くのメリットが生まれますが、まとめ方によってはデメリットにもなる場合があるので前もって十分に検討する事が重要です。

 

◇借り換えローンはすべて良いように思えるが・・

借り換えとは、現在借りている金利より低い金利のカードローンに借り替える事や、複数の借入をひとつの業者にまとめる事をいいます。
借り換えで一本にまとめることで、複数あった返済日や、返済金額の管理などをひとつにまとめられるので、面倒な作業がなくなります。

 

また、借入金額が大きくなることで利息が安くなり、総返済額が少なくなり、毎月返済が楽になることもあります。
ただ、メリットが発生するのは「現状よりも低い金利で借りられた場合」というのが前提になります。

 

借り換えやおまとめは、今より低金利の業者を探して、その審査に通らなければなりません。
また、うまく契約できたとしても、そこには気が付かない落とし穴があります。

 

◇まちがった借り換えの仕方とは

金利の安いカードローンに借り換えた場合でも、損をするケースがあります。
借り換えで陥りやすいのが、新たな返済計画が立てられるので、少しでも楽な返済を続けたいと考え、毎月返済額を少なくすることで返済期間が長くなり、支払利息の合計が増えたという場合です。

 

借り換えローンの宣伝で多いのは、「月々の返済額が減る」という文言です。
しかし、これは返済期間が延びただけ(返済回数が増えただけ)、ということが少なくありません。

 

返済期間が長くなればなるほど、金負担が増え、最終的には総返済額が現状より大きくなってしまうことも有ります。
そうならない為には「返済シミュレーション」などを利用して、返済額と返済期間をチェックする事が重要です。

 

◇金利の引き直しが出来なくなる

借り換えローンで借り換えると、契約した業者が今利用している消費者金融へ現在の借金をまとめて返済します。
長期に渡ってグレーゾーン金利で返済していた場合、金利の引き直し計算で借金を減らしたり、過払い金を取り戻したりすることができるのですが、おまとめをすると金利の引き直しが出来なくなるので、まとめる前に弁護士などに相談してどちらが得かを調べてみる必要があります。