消費者金融と銀行カードローンを比較する

キャッシング比較の神|比較するには仕組みを知る

MENU
RSS

消費者金融と銀行カードローンを比較する

キャッシングは大手消費者金融や銀行で申込が出来ます。
カードローンという呼び方は様々で、消費者金融や銀行の小口融資を総称してカードローンと呼ばれる場合もあります。
その場合、消費者金融と銀行カードローンでは違いがあるので、違いを知ったうえで利用すれば、最適なキャッシングが始められます。

 

◇銀行カードローンでキャッシング

キャッシングといえば、消費者金融というように想像してしまいますが、最近は大手銀行だけでなく、都市銀行や信用金庫など、あらゆる金融機関がカードローンの顧客獲得を進めています。
一部の銀行をのぞいて、審査が厳しく審査に時間がかかると言われています。
また、申込をした銀行に口座を持っていなければならない場合や、書類が郵送になるため、の時間が必要で、すぐには使えないカードローンも多くあります。
しかし、銀行カードローンは金利が低い、年収に関係なく融資限度額が決められる、という事から、返済を長期で考えておられるかたにはおすすめです。
消費者金融では申込がむつかしい、無収入の専業主婦でも申込ができるカードローンがあるので、そちらを利用すれば専業主婦であっても安心してキャッシングが始められます。

 

◇消費者金融でキャッシング

消費者金融の成り立ちは、お金を貸すことだけに特化していますので、銀行カードローンの審査と比べると審査が緩く、できるだけ多くの人が利用できるようなシステムになっています。
またこれまで積み上げてきたデータやノウハウを利用して、スピード審査ができることから即日融資が可能で、急いでお金が借りたい時は消費者金融がおすすめです。

 

ただ、消費者金融のキャッシングは貸金業法の総量規制の対象になるため、融資限度額は最大で年収の3分の1以内と制限されます。
そのため、年収の3分の1以上を借りたい人や、無収入の専業主婦の利用は難しいのが難点です。

 

◇それぞれのメリットを生かして申込先を決める

・少しでも低金利でお金を借りたい時は銀行カードローン、
・専業主婦がキャッシングを始めるときは銀行、
・すぐにお金を借りたい時は消費者金融で、
というように決めればおのずと申込先が見えてくるので、まずは自分がどのように利用したいのかを決めるのが肝心です。