カードローンの保障会社の役割

キャッシング比較の神|比較するには仕組みを知る

MENU
RSS

カードローンの保障会社の役割

銀行カードローンの申込条件の中で「当行が指定する保証会社の保証が受けられる方」と書かれているのを見た事があると思います。す。
保証会社になっているのは同系列の大手消費者金融やクレジット会社が保障会社となっています。
この保証会社の役割はどういったことを担当しているのでしょうか。

 

◇大手消費者金融が保証会社になったのは

銀行は、不況が続いたため、大手企業などへの大口融資だけでは利益をあげることができなくなり、小口金融に切り替えたいと思いますが、その為には新たな投資をすしなければならず、消費者金融と提携できれば費用はかからないと考えます。
消費者金融は、不況の影響を受けず莫大な利益を上げていきますが、その後のグレーゾーン金利の返還訴訟などで大打撃を受け、体力が激減していき、融資に回す資金調達をどこかでしなければなりません。

 

そこで大手消費者金融は、銀行と提携すれば豊富な資金が利用できると考え、お互いの思いが一致したことから、大手消費者金融は銀行グループの傘下に入ります。
保証会社の名前を見ると、名前がよく知られているところでは、「バンクイック」は三菱「三井住友銀行カードローンは三井住友グループのSMBCコンシュマーファイナンス、「オリックス銀行カードローン」はオリックス・クレジット会社」、東京UFJフィナンシャルグループのアコム、というようにグループ内の消費者金融やクレジット会社が保証会社になっているのがわかります。

 

◇保証会社の役割は

銀行カードローンの審査は、銀行の審査とは別に、保証会社の審査を受けることになります。
保証会社の保証がないと利用できない理由として、保証会社は、万一利用者が延滞や返済不能となった時に利用者に代わり、保障会社が代位弁済をします。
代位弁済をすることで、債権は保証会社に移ります。

 

銀行に代わって保証会社から「残っている債務を払ってください」という督促や書類などは、保証会社からくることになります。
銀行はカードローンの窓口ですが、保証会社をつけることによって、審査の最終判断から延滞している顧客の管理まで、すべてを保証会社に任せるようになります。
保証会社を付けることは銀行にとって損失がなくなるので、銀行にとって保証会社の存在は大きなメリットになっています。