ネット銀行を比較する

キャッシング比較の神|比較するには仕組みを知る

MENU
RSS

ネット銀行を比較する

いまやインターネットの時代、ネット銀行が急激に数を増やしています。
中でも店舗を持たないネット銀行もカードローンに進出しています。
そこで、名前の良く知られたネット銀行のカードローンを調べてみました。

 

◇ジャパンネット銀行カードローン

ネット銀行カードローンの中でも草分け的な存在で、金利は年2.5%〜18.0%、利用限度額が最大1,000万円というハイスペックで、初回30日間無利息といった無利息期間サービスがあり、専業主婦の方でも申し込むことができるカードローンです。

 

また、無料オプションでは「自動融資サービス」が利用できます。
このサービスは、毎月の公共料金や携帯電話の引落しをジャパンネット銀行口座で行っている人にとってメリットがあるサービスです。

 

口座振替日に残高が不足していたら、通常だと携帯料金や公共料金の「支払い遅延」になってしまいますが、自動融資サービスを設定しておけば、自動的にキャッシングサービスによって不足分が支払われるサービスです。

 

◇住信SBIネット銀行「Mr.カードローン」

高いスペックを誇り、ネット銀行の中では人気が高いのが「住信SBIネット銀行」。
新しいサービスとしてスタートしたMr.カードローンは、スペックもかなり高く、金利は年1,99%〜7,99%、融資限度額は最大1,000万円と他行と大きく差を広げています。

 

また、SBI証券の口座を持っている人や、住信SBIネット銀行で住宅ローンを組んでいる人であれば、さらに低い金利でカードローンが利用できます。
また、Mr.カードローンには裏ワザがあり、「SBI証券の口座を開設していること」「住信SBIネット銀行の住宅ローンを利用していること」、この条件を満たせば金利がさらに0.5%下がります

 

◇イオン銀行カードローンBIG

イオン銀行の「イオン銀行カードローンBIG」は、その名の通り、限度額の大きさと金利の低さで人気が有ります。
年利3,8%〜13,8%、最大融資限度額800万円となっています。

 

イオン銀行にすでに口座を持っている人なら、最短当日の借入が可能で、本人に収入がなくても50万円まで申し込みできるので、専業主婦の方でも利用できます。
ATMもイオンの店舗内に設置されているので、買い物ついでに返済や借入が出来るのが便利ですね。